CrowdEnergize
クラウドエナジャイズ

みんなで元気づける
応援を募集しているチャレンジに、応援を送って元気づけ、みんなで活性化させます。
熱く応援する
応援する=ファンになる ファンになって熱く応援することで、あなたの想いが挑戦者に届きます。
人の挑戦に参加する
自分のできることで貢献するので、人の挑戦に参加することができ、成功を自分のことのように一緒に喜ぶことができます。
行動で応援する
お金ではなく、自分のできること(行動)で挑戦者を応援します。
その行動でみんなが元気になります。

Be a Fan !
ファンになる

応援者が貢献できること

Facebook、Twitter、Instagram などで拡散するだけで、挑戦している人やチャレンジの認知度アップに貢献できます。
友達に紹介する
ふとしたき、まわりの友達に「これ知ってる?」と聞いてみる。自分のペースで、聞きたいなと思ったときでかまいません。
ブログを書く
いいなと思ったら簡単にブログを書いて、世の中の人に発信する。応援してくれる人がいるだけで、挑戦者の原動力となります。
ユーザになってみる
応援したいチャレンジのユーザになってみる。実際に使う人からのリアルなフィードバックは、挑戦者も喜んでくれます。

応援を募集している挑戦

20374257 104478723576323 3431760734690285930 n
いちたにさんが応援をおねがいしています。
スクリーンショット 2017 07 13 7.56.46
越境をエナジャイズする
27868034 1625058344241724 7985301701536079977 n
takarada masafumiさんが応援をおねがいしています。
Valuefactory
ValueFactory

ValueFactory とは、DNP情報システム で始まった “自己組織化” へのシフトを狙った取り組みで、
・上意下達の時代を脱して、有機的な個のつながりの中で自らの Vision を持って自律的に動いていく
・自分にとっての新しい考え方や技術を自分なりのやり方でトライ&エラーを重ね、実際にモノを作って、そこから学びを得る
・得た学びをそれぞれの現場に持ち帰って自らの世界をより良くしていく
・作ったモノがビジネスを生むならもう言う事なし
といった活動です。

第1回目は、2017年10月~2018年03月の期間に、上記コンセプトに賛同した社内有志十数名4チームで、それぞれが今取組みたいテーマでプロダクト開発にチャレンジしました。

これまで受託開発という立ち位置できていたことから、自分たちだけでプロダクトに纏わる意思決定を自由と責任を持って全て執り行うというスタンスはとても新鮮で、それぞれの活動はどんどん加速していき、その結果、プロダクトと活動内容のシェアを名目に、2018/03/19 に Vision Day 2018 という名の ハンガーフライト(社内横断イベント)開催 という形でひとつの到達点に迎えました。

現在は第1回目開催の振返りと第2回目開催に向けた企画段階で、私個人としても、第1回運営メンバーとしても、これから ValueFactory を起点に始まる全ての事に対して期待に溢れています。

そんななかで、DNP情報システム社内に限らず、社外の組織、個人を巻き込んでより強く大きく活動を進めていきたいと考えています。

ぜひ、これからの ValueFactory を応援お願いします!!

Picture
Tomoyasu Ishiiさんが応援をおねがいしています。
19105954 140017429897576 7844394844164380255 n
石井食品

イシイのおべんとクン、ミートボールで40年提供してきました、 石井食品 のチャンレンジページです。

素材本来の美味しさをお客様にお届けしたいという思いから、石井食品の製造過程においては
食品添加物を使用しないで調理・加工を行っています。

そんな私達の次のチャレンジは、無添加調理や食材の保管技術を活かした、新たな美味しさを
提供していくこと。新しいサービスづくりに取り組んでいく ことです。

私達が新たなサービスづくりに挑む背景には、時代の変化があります。
安さと便利さの時代が長く続きました。その中で「今の暮らしは、これでいいのか」という反省が起こってきています。
大量生産されて、安く提供されるものに対して「自分が本当に求めているものは何か」という根本的な問いかけです。

つまり、「欲しいものは手作りでつくろう」という動きが食品の世界で起きています。
お客様が、流行に流されずに 「自分が本当に欲しいものは何か」を考え、求める中で、石井食品としてどう応えていくか。
その形を模索している最中です。

私達は、これから数多くの実験を行い、フィードバックからの学びを得て、アジャイルなサービスづくりに取り組んで行きます。
これからの世の中に必要とされるサービスを皆さんと一緒に作っていきたいと願っています。